ちょこママnz

ニュージーランドでいろいろ感じること、ハッピーだなと思うことを書き留めたい。

ポーラ・ブラーストだ。そして、レベル1

ポーラ・ブラーストだ!寒い。昨日の気温は3度だったが、風と雨、ヒョウ、みぞれ、雪と降ってきて、体感温度はかなり低く感じていた。帽子かぶってないとおでこが痛い。キーンという感じ。

さて、このポーラ・ブラーストとは?ウィキペディアによると「極循環」らしい。

 

ja.wikipedia.org

英語版の南半球の説明(抜粋)

In Australia, the polar vortex, known there as a "polar blast" or "polar plunge", is a cold front that drags air from Antarctica which brings rain showers, snow (typically inland, with blizzards occurring in the highlands), gusty icy winds, and hail in the south-eastern parts of the country, such as in VictoriaTasmania, the southeast coast of South Australia and the southern half of New South Wales (but only on the windward side of the Great Dividing Range, whereas the leeward side will be affected by foehn winds).[12][13]

 

かんたんに要約すると、(お隣)オーストラリアでは極循環の影響で、南極からの寒冷前線が高い場所では雨、雪、冷たい強風をもたらし、南東側ではヒョウをもたらす。高所ではブリザードのおそれもある。

 

私達が住むところは海抜276m。昨日は雨、ヒョウ、みぞれ、雪、すべてのものが空から降りてきた。寒い。今日も7度まで上がってるが、キーンとしている。ウェリントン南部の海岸沿いでは、強風のため6m近くの高潮が来る可能性があるということで、昨夜地区限定の緊急事態宣言を出している。ひー。

 

そして、今日からレベル1となった。先週水曜日にいきなり「シドニーからの観光客が自国に戻ってコビッドー19を発症」のニュースにウェリントン市民は驚いた。すぐにレベル2に。

この男性は、6月19日にウエリントンに到着後、21日に出国するまでミュージアム、カフェ、バーなど20箇所を訪れている。救いなのは、コビッド追跡のアップを使っていたので、どこを訪れたのかがわかっているのだ。

今の所クロス・コンタクト(観光の際行動をともにしたキィウィ友人4人)はネガティブ。市中感染も確認されていない

だが、先週金曜日25日に、一緒に旅行していた彼のパートナーが感染していることが発覚。ウェリントン滞在最終日、もしくは、帰りの機上で感染したことが予想される。シドニーについて別々の家に戻り、自己隔離しているので帰国後に感染した可能性は低い。

という事は、男性はウエリントン滞在の終わりにかけて感染させてしまう状態にあったということだそう。

なのに、一週間だけのレベル2。なぜレベルを落とすのか?

ヘラルド紙によると、先週ウエリントンでは8200のテストが行われており、あと100人の結果待ちだが、それ以外はすべてネガティブ。また、その100人は14日間の自己隔離をするので、ウエリントンでの感染の可能性は低いというのが根拠らしい。

 

But there had been more than 8200 tests in Wellington in the past week, with no positive results, and while there were still about 100 contacts yet to be tested, they will be isolating for a full 14-day period.(ヘラルド紙電子版より引用)

 

専門家たちの見解では、この観光客はワクチンの第一回目を受けており、打ってない人より感染させる力が少ないのではないかということらしい。うーん、でもデルタ株だから、私は用心したいな。

私はあと一週間ほど街なかには行かないつもり。だんなも家から働いている。息子だけスクールバスを利用し、通学。

 

そんな中、オーストラリアのダーウィンの炭鉱で働いていた人たちのコミュニティで、デルタ株が続々と広がっているのがわかった。二人のキィウィ鉱夫たちもすでにニュージーランドに入国しており、彼らが自己隔離する前にどこかによっていないことを願う。このコミュニティは約900人が関わっているらしい。そして、皆バラバラに各自の地方に帰っていっている。

どうか、今回もコビッドー19を封じ込めることができますように。

 

ウエリントン動物園のカワウソたちもポーラ・ブラーストに備え、わらを一生懸命に寝床に運び入れている。みんな暖かくしてのりこえよう! 

www.newshub.co.nz

息子の学校の先生も自己隔離した。

choukoureimamanz.hatenablog.com