ちょこママnz

ニュージーランドでいろいろ感じること、ハッピーだなと思うことを書き留めたい。

フィジーで起こっていること、報道されていない?

ニュージーランドにいると、関係が深い太平洋地域で起きているニュースが取り上げられることが多い。

 

先週よりニューカレドニアでの暴動のこと、フィジーでHIVが急激に広まっていることを報道していて、私はかなり驚いている。

 

が、もっと驚いたのは、ニューカレドニアの暴動は日本でも報道はされているようだけど、フィジーで起こっていることが日本語で見つからない(ということは、報道もされていない?)のだ。

 

なので、ご参考までにどんなふうに報道されているか、ここでまとめてみます。

 

メタンフェタミン(メス)でエイズになる人口が急激に増えている

 
以下は、ニュージーランドのチャンネル1のニュースから抜粋したもの。
 
出典元 
 
 
 
 
簡単に説明すると、
 
  • 自分たちだけでは対応しきれないと、フィジーは国連に支援を要請
  • 昨年、フィジーでは82人のHIV/AIDS患者が死亡し、415人の新規患者が発生
  • 新規感染者数が毎年倍増、アジア太平洋地域ではフィリピンに次いで2番目に高い増加率
  • フィジーはメスのせいで 「ゾンビの国 」になりかねない
  • 子供から大人まで感染拡大している。10歳、12歳の子供も検査を受けにクリニックにやってきている
  • 増加を加速しているのは「ブルートゥージング、あるいは地元ユーザー界隈で知られているブラスティング」

ブルートゥージングとは?

ある人がホストとなり、自分にメスを注射する。ハイになると、同じ注射針を使ってその人の血を抜き、別の人が自らの静脈に注射する。グループでこれを何度も繰り返す。メスの量が限られているときや、買うお金がない者がこの手法をやっている

怖いのは、彼らが注射しているのはHIVだけでなく、他の病気、肝炎や他のあらゆる病気をどんどん拡大させていくこと。
 
これが太平洋全域で感染症が流行すれば大変なことは想像できる。
 
女の子たちもメスを買うお金がないと、売春をしたりと深刻な問題になっている。
 
なんと、ハイになったパートナーからDVを受け、稼いでこいと売春させられたりする女性も出ている。
 
ハイになっているから思考も狂って、エイズにかかるかもしれないのに危ないブルートゥージングもやってるのが怖い。
 
フィジーも暖かくて素敵な国のように思っている日本の方もいらっしゃると思うので、行く予定のある方は気を付けて。くれぐれも、ハイになっている人たちにはご注意を。
 
 
 
ちなみに、日本ではメタンフェタミンは、「シャブエス (S)、スピード (speed) など」の俗称で呼ばれる。英語では「アイス(ice)、メス(meth)、クリスタル・メス(crystal meth)など」の俗称がある。